資生堂の育毛剤でも?

知らないよりも知るべき!副作用のお話!!

資生堂の育毛剤と副作用

他とは違う、資生堂育毛剤の特徴

資生堂から販売されている育毛剤に「アデノゲン」というものがあります。資生堂は長年の研究の結果、体内に存在する「アデノシン」という成分が、発毛を促進する効果があることを発見しました。

発毛には、発毛促進因子(FGF-7)というものが必要で、アデノシンはその発毛促進因子の産生を助ける働きがあります。アデノシンにより産生された発毛促進因子は毛母細胞に働きかけ、結果発毛が促進される。これがアデノゲンが発毛を促進するメカニズムです。

また、アデノシンを頭皮に与えることで、成長期の毛根が退行期へ移行するのを防ぎ、成長期を延長させることができます。結果、毛がしっかりとしたものに育つのです。

今まで紹介してきた育毛剤が、薬品によって血流を良くしたり、あるいは本来の薬の副作用を、そのまま発毛剤に転用しているものに対し、体内薬用成分「アデノシン」を効果を積極的に育毛剤に取り入れたのが、この資生堂アデノゲンの大きな特徴と言えます。

体内由来の成分使用。その副作用は?

体内に元々存在していた成分「アデノシン」に着目して作られた育毛剤アデノゲン。これを商品化するまでに、資生堂はその効果を検証するため、臨床試験を行いました。その結果、6ヶ月の使用期間中、被験者の方々に育毛効果がみられた一方、その副作用とみられる症状はほとんどみられませんでした
これにより、このアデノゲンシリーズは副作用の少ない安全な育毛剤ということが証明されたのです。これまで紹介してきた育毛剤が、ふさふさの髪と引き換えに強い副作用があることを考えれば、これはとても画期的な商品だと言えます。

しかし残念なことが一つ・・・

アデノシンは元々体内に存在する成分で、発毛に必要な因子を増やす効果があることは先ほど書きました。しかしアデノシン自体には男性ホルモンの分泌を抑える効果は全くありません。そのため残念なことに、薄毛の原因がホルモン異常にある方には、このアデノゲンの有効性が望めません

また薄毛改善の効果は、やはりミノキシジルの方が強いため、この商品を使う方の多くは、メインの発毛剤の他に、サポートの育毛剤としてこの商品を使用しているようです。

強い効果?安全性?どちらをとるかはあなた次第。

これまで紹介してきた育毛剤が、強い副作用と引き換えに毛髪を手にいれるものであったことを考えれば、体内由来の成分を用いて発毛を促すこの発毛促進剤は、理にかなっているように思います。

しかし、薄毛に悩む方にとっては、その問題は深刻なもの。どちらの方が良いとは一概には言えません。一番大事なことは、自分が納得できる育毛剤に出会えることではないでしょうか。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>