育毛剤に含まれるミノキシジル

え!?そうなの?ミノキシジルの副作用

ミノキシジルとは?

ミノキシジルとは、AGA(薄毛)治療の有効な成分で、高い効果を発揮する医薬品です。この成分により、頭皮の血管が拡張され、毛根への血流の流れが良くなります。その効果はAGAに悩む人の頭髪に革命を起こすと定評があるため、海外では外用薬の外、経口薬も市販されているほどです。

ミノキシジルを日本で簡単に入手するには、市販の発毛・育毛剤(外用)にその成分が含まれているものを購入するしかありません。経口タイプのミノキシジルを入手したい場合は、医師の診断のもと処方をしてもらうか、あるいは個人輸入サイトから購入をするかの二択になります。

 

実は命がけ?

発毛・育毛効果が非常に期待できる医薬品として、ミノキシジルを紹介しましたが、実はこの薬、開発当初は育毛剤ではありませんでした。

1980年代から、国外では既に育毛剤としての販売が認められていたミノキシジル。しかしそれ以前は高血圧の経口薬として医療の現場で用いられおり、日本では1999年に厚生労働省から発毛・育毛剤の認可がおりてから、国内の市販が認められています。

しかしそもそもミノキシジルが、高血圧の薬を転用しただけのものなので、その効果が副作用で現われてしまうのです。その代表的なものには、以下のものがあげられます。

  • 低血圧
  • 多毛症
  • にきび、肌荒れ
  • 頭皮のかゆみ
  • 局所発熱
  • 奇形児

国内で市販されている発毛・育毛剤を使用中、心臓発作を起こし死亡したという事例が過去に報告され、一時的にこの市販品の使用についての危険性が疑われた時期がありました。しかしその商品と心臓発作の関連性が厚生労働省により否定され、日本国内で市販されている製品程度のミノキシジル濃度では、上記のような副作用は起こらない。と結論づけられました。

 

市販品では問題ないけれど・・・。

市販品に含まれる程度のミノキシジル濃度では、心臓やその他循環器系への影響はないと、厚生労働省から否定はされました。しかし、処方箋で手に入る経口薬や個人輸入サイトで手に入る育毛剤、あるいは経口薬については、その効果をあげるために濃度をあげているので、日本のものより高濃度のミノキシジルが含まれています。一般的に、ミノキシジルの濃度は濃いほうが効果があると考えられていますが、上記の副作用発生リスクは当然高くなります。

また、ミノキシジルを経口薬として使用した場合、その副作用は全身に症状として表れます。経口タイプのミノキシジルの副作用については、次の「飲む育毛剤の副作用!デメリット講座。」で、詳しく解説していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>