市販の育毛剤ってどんな

市販の育毛剤、その副作用とは?

これまで育毛剤の副作用の話を書いてきましたが、そもそもの育毛剤について書く機会がありませんでした。ネット上で「育毛剤」を検索すればその種類も値段も様々。実際に購入するとなると、ちょっと手を伸ばしにくいのが実情ではないでしょうか?そこでここでは、育毛剤購入の登竜門にもなる、ドラッグストアでも購入できる市販の育毛剤について紹介します。

市販の育毛剤、その種類とそこに潜む罠!

「育毛剤」の種類

ドラッグストアなどで手に入る、一般的に「育毛剤」と呼ばれている商品。これらの商品を購入する際には、まず以下の点を意識してみましょう。

  • 商品が医薬品か医薬部外品か化粧品なのか?
  • 求める効果・効能は発毛?育毛?頭皮ケア?

今まで効果・効能欄ばかり見ていて、パッケージを良くみていなかった方。何のことか検討もつかないかもしれませんが、市販品の育毛剤には、実は細かく種類があります。

まず薬事法の観点からの分類

医薬品
医薬部外品
化粧品

そして、効果・効能の観点からの分類

発毛剤
発毛促進剤
育毛剤
育毛トニック
実はここに大きな罠が潜んでいます。

まず薬事法の観点からの分類について、大まかな説明をすると、医薬品かそうでないかで大きな差が生じます。「薬品」は厚生労働省から認可を受けたもので、それ以外は認可を受けていません。また薬品は症状の治療や予防を目的としていますが、それ以外は治療を目的にしていません

これだけでもだいぶ違いますね。

次に効果・効能の観点からの説明をすると、「発毛剤」は発毛効果が期待できます。しかしそれ以外に関しては、「発毛」に関する効果は発毛促進剤を含めて、あまり効果は期待できません。育毛剤、発毛促進剤は、現存する髪の毛の保護や成長の促進、または発毛があった場合の発毛を促すのが目的で、毛がない部位に毛を生やすことはできません。また育毛トニックは頭皮の環境を整え、髪を強くするのが主な目的です。
先の説明では、育毛剤と発毛促進剤を分けて書いていますが、
ドラッグストアで購入できる発毛促進剤の効果・効能欄の多くには「育毛」と記載されています。なので、市場の発毛促進剤に関して言えば「発毛促進剤(育毛剤)」と認識しても問題ないかもしれません。

非常に細かいですが、市販育毛剤を購入するにあたり、基礎情報としてこれだけのことを知っておけば自分の求める効果をもつ育毛剤を購入することができると思います。

それで実際のところ・・・その副作用は?

日本で唯一「発毛剤」と認めれている市販品は大正製薬の「リアップ」。
また、発毛促進剤(育毛剤)の市販品で有名なのは第一三協ヘルスケアの「カロヤン」。
これらの副作用については、
「育毛剤に含まれるミノキシジルの副作用、意外と知らない落とし穴」
「育毛剤に含まれるカロヤンの副作用をしっかり理解しよう」のページで
紹介しているので、ここでは詳細を省きます。

ではそれ以外の「育毛トニック」の副作用について、実際の商品の例で見てみましょう。

KAOサクセス(育毛トニック)
有効成分:t-フラバノン、ニコチン酸アミド

t-フラバノンで毛球を丈夫に育て、ニコチン酸アミドで血行を促進。
二つの有効成分が抜け毛を防ぎます。

大変人気のあるサクセスシリーズですが、こちらの商品の副作用は、ほとんどありません。使用した人によってはかゆみや、頭皮の乾燥を感じる方もいるかもしれませんが、実際のところは、有効成分の副作用というよりも、その商品に含まれている香料や保存料に皮膚が反応してた結果の方が大きい可能性があります。

ちなみに、たまたま家にあったものを私が使用したところ、液ダレが生じた部位が赤くなってしまいました。これはおそらく、成分内に含まれていたエタノールとメンソールに皮膚が過剰反応したためです。

しかしどうして市販の育毛剤には、このような副作用に関しての違いがあるのでしょうか?それは後ほど詳しく書きます!

ちょっと待って!それって本当に育毛剤?

先ほどKAOのサクセスに関して、副作用がほとんどない。と紹介しましたが、一般的に育毛剤と呼ばれている商品の中には、厳密に言えば育毛剤ではないものもあります。
それは花王のサクセスのように「育毛トニック」と表記された商品のことです。これらの商品は実際は育毛剤ではなく「ヘアケア用品」に分類されます。

医薬品は臨床試験が行われ、その結果に基づいて、厚生労働省からの認可がおります。認可がおりれば、それは「薬」です。薬であるため、販売には医師や薬剤師の説明が必要になります。しかし、医薬部外品は「薬」ではありません。そのため販売をする際にも、医師や薬剤師の説明は必要ないし、効果・効能に関しても育毛効果があるかどうかは実際のところは厚生労働省が認めるような証明ができていません

安価で手軽に購入できる花王のサクセスですが、残念ながら育毛剤ではありませんでした。しかし早いうちから髪をケアすることは大事。「最近ちょっと、気になるかな?」くらいの人であれば育毛トニックでも充分。早めのヘアケアで頭皮と毛髪を美しく保ちましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>