飲む育毛剤の副作用

感激!頭皮に劇的変化。でもそのデメリットは?

経口タイプは主に二種類

「育毛剤に含まれるミノキシジルの副作用。意外と知らない落とし穴」でも触れたように、一般的にはミノキシジル濃度が高いほどその効果は期待ができると言われています。ゆえに、海外では日本よりもはるかに高濃度のミノキシジル系育毛剤が市販されており、国内でも薄毛に悩む方が、こうした商品を個人輸入サイトで購入しているようです。

海外の育毛剤には日本のように外用するタイプの外、経口タイプのものも市販され、それらは主に二種類にわかれます。

ミノキシジル
頭皮の血流をよくすることで薄毛を改善

プロペシア(フィナステリド)
男性ホルモンを抑制することで薄毛を改善
(フィナステリドとプロペシアは開発した国が異なるだけでほぼ同じ薬です。)
プロペシア(フィナステリド)とミノキシジルは、服用したときの効果の表れ方が異なるため、日本のAGAクリニックなどに行くと、内服のプロペシア(フィナステリド)と、外用のミノキシジルを併用して処方されることもあります。しかしAGA治療費は全額自費のため、これらの薬の処方には保険は適用されません。故に、AGA治療にあまりコストをかけられない方は、どうしても個人輸入サイトのお薬に頼りがちです。

 

飲むのにはちょっと抵抗が・・・。

経口タイプのデメリット

元々が高血圧のミノキシジル、その副作用には低血圧や多毛症、頭皮のかゆみなどがありました。しかしこれは外用で使用した場合の副作用。これを内服した場合は、薬用成分が血流にのって全身にわたるので、更なる副作用が待っていました。

ここではミノキシジルだけではなく、飲む育毛剤全般に関しての副作用を紹介します。

ミノキシジル

  • 眠気
  • むくみ
  • 体重増加
  • 動悸、不整脈
  • めまい
  • 体のだるさ
  • 多毛症

 

プロペシア(フィナステリド)

  • 精力低下、男性機能障害
  • 肝機能障害
  • 不妊
  • うつ

ずいぶんありますね。
上記の症状のなかには、その副作用が起こるメカニズムが解明されていないものもあります。怖いですね・・・・。

国内のクリニックでは、内服のプロペシアと外用のミノキシジル両方を処方されることもあるようですが、そのときには専門の医者による充分な検査のもと、その人に適した濃度の外用ミノキシジルと内服プロペシアが処方されるので、副作用のリスクは自己責任のもとで購入をする個人輸入サイトよりかは格段に減ります。

個人輸入サイトの中には、本来なら育毛剤として販売をされていない高血圧の薬を「育毛剤」の名目で売っているサイトもあるそうなので、自己責任のもとで買う場合は、そういったことにも注意した方が良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>