MATUGE

実は怖いまつげ育毛剤。その実態とは?

そもそもどうして育毛剤で伸びるの?

日本の女性の間でも徐々に浸透しつつあるまつげ育毛剤。まつげ美容液とは違い、うすくなったまつげが復活するので、まつげが薄い人、うすくなってしまった人が一度は試してみたい商品として、巷では注目を浴びています。

ですがその実態、実は緑内障の点眼薬なのです。

緑内障の点眼薬に、もともとまつげが伸びる副作用があったことに目をつけたアメリカの会社が「まつげ育毛剤」として販売しようとしたのがこの商品の始まり。アメリカでは既に「まつげ育毛剤」としてFDAからの承認も取得され、れっきとした育毛剤の類として販売されています。

 

その影に潜む副作用とは?

もともとが緑内障の点眼薬であるまつげ育毛剤。
健康な目に使用して問題ないのか?という疑問がわきますが、それは以外にも問題ないそうです。緑内障の点眼薬は眼圧を一時的に下げるのが目的。極端に眼圧が低くなったりしない限りは、多少低くなっても問題はないそうです。

ただし怖いのは、点眼薬が元々持っていた副作用。つまり、まつげが伸びる副作用以外にあった、こんな副作用が怖いのです。

  • 目のかゆみ
  • 目の乾燥
  • 色素沈着

点眼薬をまつげ育毛剤として転用しているので、育毛効果以外の副作用が、そのまま育毛剤の副作用として残ってしまったわけですね。

またこの育毛剤は、まつげの毛周期を遅らせることで、まつげの長さと密度をアップさせています。なので使用をやめたら元の長さに逆戻り。周囲の目も気になるなか、かゆみと乾燥に耐えられず、使用を中止する人もいるようです。

ただし中には、目のかゆみと乾燥さえ除けば色素沈着がアイラインのようで逆にいい。という意見もあります。

 

それでも欲しい!育毛剤!!

アメリカでは立派な商品として売り出されているまつげ育毛剤ですが、日本では、いまだに厚生労働省からの認可は下りていません。そのため日本でまつげ育毛剤を購入をしようとするなら、個人の輸入業者から購入するか、あるいは一般の眼科から緑内障点眼薬という形で処方をしてもらえば手に入れることが可能なようです。

おしゃれには我慢もつきもの。ですが、それで健康が損なわれてしまっては元も子もありません。美しく健康であるためにも、こうしたアイテムも上手に使いこなしたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>